金沢大学・血液内科・呼吸器内科
※記事カテゴリからは過去の全記事をご覧いただけます。
<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2008年09月28日

スロンノン(アルガトロバン):合成抗トロンビン薬


アルガトロバン(合成抗トロンビン薬)

アルガトロバン(商品名:スロンノンなど)は、アンチトロンビン(AT)非依存性の合成抗トロンビン薬である。
保険適応上、脳血栓症急性期(ラクナ梗塞&心原性脳塞栓を除く)、慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症、バージャー病)、血液体外循環時(先天性AT欠損症や、AT活性が低下した患者において)における使用が認可されていた。

最近の話題として、「ヘパリン起因性血小板減少症(heparin induced thrombocytopenia:HIT)II型における血栓症の発症抑制」としても保険収載された点があげられる。

HITに対しては、スロンノン  0.7μg/kg/分より点滴静注を開始し持続投与するとされているため、例えば体重60kgの人では60mg/24時間で投与することになる。
本剤は肝代謝の薬剤であり、肝不全症例に対して投与する場合には血中濃度が著しく上昇(PT&APTTが著しく延長)することが知られており注意が必要である(減量あるいは他薬を考慮)。

実は、アルガトロバンは播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する臨床試験が過去に行われているが、出血の副作用が高頻度に見られたために断念された歴史がある。当時のDICの臨床試験で用いられていたアルガトロバンの用量は、30mg/24時間程度ではなかったかと記憶している。

DICとHITは、後天性血栓性素因である点で共通しているが、血小板数が低下する点でも共通している。
HITに対してアルガトロバンを用いる場合には、出血の副作用に対する十分な注意が必要と考えられる。
管理人の個人的な見解であるが、日本人のHITに対しては、欧米人に対する用量よりも、ずっと少ない量で良いのではないかと考えている(たとえば、体重60kgの人では、20mg/24時間)。

 

関連記事(リンクしています)

血管内皮と抗血栓作用

ヘパリン類(フラグミン、クレキサン、オルガラン、アリクストラ)

ヘパリン類の種類と特徴(表)

低分子ヘパリン(フラグミン、クレキサン)

オルガラン(ダナパロイド )

アリクストラ(フォンダパリヌクス)

プロタミン(ヘパリンの中和)

スロンノン(アルガトロバン)

フサン(線溶亢進型DICに対する特効薬)

リコモジュリントロンボモジュリン製剤)

・NETセミナー:DICの病態・診断

・NETセミナー:DICの治療

 

血栓症の分類と抗血栓療法の分類

抗血小板療法 vs, 抗凝固療法(表)

PT-INRとトロンボテスト

・NETセミナー:血栓症と抗血栓療法のモニタリング

ワーファリン

プラビックス:パナルジン、プレタール、プロサイリン、ドルナー、ワーファリンとの比較(納豆は大丈夫か?)

抗Xa vs. 抗トロンビン

深部静脈血栓症

ロングフライト血栓症

閉塞性動脈硬化症

投稿者:血液内科・呼吸器内科at 06:02| 抗凝固療法 | コメント(0) | トラックバック(0)

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.bgstation.jp/util/tb.php?us_no=426&bl_id=391&et_id=23054

◆この記事へのコメント:

※必須