金沢大学・血液内科・呼吸器内科
※記事カテゴリからは過去の全記事をご覧いただけます。
<< 前のエントリトップページ
2018年08月08日

EGFR遺伝子変異陽性の肺癌肉腫:金沢大学呼吸器内科

木場隼人先生(現、小松市民病院)が金沢大学病院で経験したEGFR遺伝子変異陽性の肺癌肉腫症例がLung Cancer誌(Lung Cancer 2018. Volume 122, Pages 146–150.)に掲載されました。


この症例は腺癌部分と軟骨肉腫部分がきれいに分かれており、両部分から同一のEGFR遺伝子変異が検出されました。

さらに次世代シークエンサーを用いて解析したところ、軟骨肉腫成分には複数の遺伝子異常が追加されていることが明らかとなりました。

追加された遺伝子変異の中には、肉腫の発生に重要な役割をすると考えられているATRX遺伝子変異が含まれていました。


本症例では、免疫染色でATRX蛋白の発現も解析し、2つの病理組織の間で染色態度が異なることも確認できました。

本症例は包括的な遺伝子変異解析を行うことで、腺癌成分に複数の遺伝子変異が付加されることにより肉腫部分へと進展した可能性を示しました。

特徴ある症例をより深く解析することにより、新たな発見を得ることができました。

1

2017年4月の米国癌学会(AACR 2017)にて
 


<リンク>

血液凝固検査入門(図解シリーズ)
播種性血管内凝固症候群(DIC)(図解シリーズ)

金沢大学血液内科・呼吸器内科HP

金沢大学血液内科・呼吸器内科ブログ

研修医・入局者募集

投稿者:血液内科・呼吸器内科at 01:43| 呼吸器内科